工法でさがす

枠組壁構法

床・壁・天井の「面(パネル)」で箱のような構造体をつくる、北米で生まれたツーバイフォー工法。
枠材の断面寸法が2インチ×4インチであることから、ツーバイフォー(2×4)と呼ばれる。
「面」で構造体を支えるため、外部からの力がバランスよく分散されるので、地震や台風にも強い構造となっている。