工法でさがす

鉄骨系プレハブ工法

構造体に軽量鉄骨を使用、「軸組工法」・「パネル工法」・「併用工法」に大別される鉄骨系プレハブ工法。
「軸組工法」は、軽量鉄骨で構造体を組み、筋交いに当たる鉄製のブレースにより強度を高めます。
「パネル工法」は、鉄骨の枠材にブレースを組み込んだ耐久壁パネルを現場で組み立てます。
「併用工法」は、それぞれの長所を採り入れた工法。鉄骨は狂いが少なく、また火災にも強いうえ、敷地への対応力も高いのが特徴です。