工法でさがす

木造軸組構法

木構造の構法のひとつである木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)。
日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた構法で、在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれている。主に柱や梁といった軸組(線材)で支え、設計自由度が比較的高めの工法である。